フリーローンの担保と保証人

フリーローンは多目的ローンのことで、融資されたお金の使い道は自由ですので、利用者にとっては大きなメリットがあります。
医療用や学資用などの目的ローンの場合は、融資を受けたお金はその目的のためだけしか使えませんので、その点がフリーローンとは異なります。
フリーローンは担保や保証人が不要で申し込むことができますので、幅広い人が利用をすることができます。
安定した収入があれば、契約社員や派遣社員、アルバイトなどの非正規雇用の形態で働いている場合でも申し込みをすることができます。
申し込み時には審査を行い、審査の結果によって利用極度額が決定され、金融機関によっては最大1000万円程度の極度額が設定できる場合もあり、大量の資金が必要な人にとっては、とてもメリットがあります。
極度額までの範囲内であれば、自由にお金を借りることができ、さまざまな目的のために借りたお金を使うことができます。
申し込み時にはカードが発行され、カードを使ってコンビニのATMでお金を借りたり返済することができます。