日本看護協会の専門看護師って?

日本看護協会が認定している資格に専門看護師があります。
医療の高度化により、医師・看護師とも高度な知識と技能が求められるようになりました。
そういったニーズに応えられる高度な看護が求められるようになっているのです。
専門看護師の役割として大きく6つの要素が挙げられています。
「実践」。
個人・家族または集団への卓越した看護実践「相談」。
看護職等へのコンサルテーション「教育」。
看護職者に対する専門分野の教育的機能「調整」。
保健医療福祉チームへのコーディネート「研究」。
看護師の教育や看護を巡る社会環境の改善・指導なども含まれているのです。
専門看護師になるためには看護系大学の大学院修士課程において日本観語形大学協議会の認可を受けた特定の課程を修了する必要があります。