生命保険比較ソルベンシーマージン比率って?

【生命保険会社比較でもっともよく使われるソルベンシーマージン比率】保険会社の健全性を調べる指標の一つにソルベンシーマージン比率というものがありますが、いったいこれはどのようなものなのでしょうか。
ソルベンシーマージン比較とは予測を超えるリスクに対しての生命保険会社の支払い能力を示すものです。
会社の健全性を数字で比較する際にあらゆる指標の中でもっともよく利用されているのがこの数値です。
これが200%を超えていれば支払い余力はじゅうぶんあると考えられ、破綻のリスクは少ないとみなされるのです。
なお、最近におけるソルベンシーマージン比率ランキングのベスト5は次のようになっています。
1位・ソニー生命⇒2281.8%。
2位・東京海上日動あんしん生命⇒2195.2%。
3位・アクサダイレクト生命⇒2141.0%。
第4位・損保ジャパンDIY生命⇒1596.1%。
第6位・三井住友海上あいおい生命⇒1309.8%。